暮らしの雑貨

暮らしに大切なリュック選びに悩んでるあなたへ。決め方のポイントとmarimekkoのリュックレビュー

shiro
shiro
こんばんは、shiroです!(@shiro46120338

今日は、おでかけに持ちはじめて楽しくなった
marimekkoリュックについてお話したいと思います〜!

リュック選びに悩んでいる方への決め方のポイントとmarimekkoのリュックを買うか悩んでいる方の参考になればいいな思い記事にしました。

私がリュックを探し持ちはじめた理由

私は身軽に荷物最小で長時間行動をしたいです。

荷物を減らすために、カバンのサイズを小さくしたことからはじまり、
それに合わせて財布のサイズ、化粧品の中身の見直しをしてミニマルにもなりました。

私が荷物を軽くすることにこだわったのは、「肩こり」です。
肩掛けカバンだと最近帰宅後ぐらいには気分が悪くなる状態でした。

肩凝りにずっと悩まされていて、少しでも片側への負担を減らすために、リュックを持ちはじめました。丁度、トレッキング(軽い登山)をはじめるのにもリュックが必要だったのでいいタイミングでした。

私が、選んだリュックはここが大事なポイントでした!

  • 肩への食い込みが少ない(クッション性がいい)
  • リュックの重量自体も軽いのが良い
  • 丈夫で長く使えるものを持ちたい
  • デザイン性が機能性があるものが良い
  • 1泊程度の旅行にも使いたい(大容量)

marimekkoのリュックを選んだ決め手と使い心地

マザーバックとして巷で話題になっていたmarimekkoのイメージは、下記のがま口のウニッコ柄をイメージされると思います。

\これはお気に入りのがま口です/

私が今回お迎えしたのは、
BLACKのBuddyバックパック

サイズ:タテ40cm ヨコ28cm マチ18cm
ショルダー全長39-78cm

大は小を兼ねるので、
私は大きいサイズのBuddyを選びました。

シンプルでカジュアルスタイルにおしゃれ


黒色でシンプルなデザインのタイプです。
\カジュアルな洋服にぴったり似合う/

アウトドア・ピクニック・トレッキング・マザーバックと出番がたくさんある優れもの。

からだにフィットする

肩紐の長さ調整ができクッション性もあるので、
肩にも紐が食い込まない!!!!!(←大事なポイント)

リュック自体も軽量で、からだにフィットするので担いだら荷物が軽く私は感じます。
どこにでも持ち運びたくなるリュックです!

大容量でたっぷり物が入り取り出しスムーズ

学生さんでも勉強道具をたくさん入れても、
丈夫なのでしっかりと使える。

大容量の荷物が必要な小さなお子さんがいらっしゃるお母さんにとって、このmarimekkoのバックはマザーバッグとしても優秀でおすすめです〜!

旅行の1泊は季節問わず余裕で持ち運びができました。

冬の2泊だとニットなどの洋服を入れてしまうとリュックだけでは入らないです…。
夏だと2泊はリュック一つで使えますよ〜
(たくさん行動をしたいので、荷物は極力ミニマルにして体力消耗を抑えています。)

タンブラーを歩きながらでも取り出し可能

私にとって、これも選んだ大きなポイントです。

トレッキングしていると歩きながら、お茶をさっと取り出して、
また直すという動作が簡単にできるのもいいところです。

私のおすすめのタンブラーも以前の記事でご紹介しています!
よければ読んで見てください!

暮らしにとっておきのKINTOタンブラーの使い心地をご紹介!いつでもおいしい温度で飲め、口当たりが良くておすすめ! 今日は、私が愛用している持ち運びにぴったりなおしゃれマイタンブラーをご紹介したいと思います! 平日のお仕事、週末のお出かけ...


両側の側面にファスナーがあるので、
その場所にタンブラーをやパスケース・iPhoneなど好きなものを入れることができる優れもの!表側にもポケットが1つあります。

下記の写真のように内側は、ファスナーポケット付きで荷物もたくさん入ります!

ライフスタイルにあうカバンを持つと、こんないいこと

このかばんと一緒に行動した日は、
ストレスフリーでどこにでも遊びに行けてとびきり気分も上がる

悩んで購入をして自分がこんな機能を重視したいという思いで選んだものだから
思い入れが特に強いです。

現在このかばんをお迎えして1年2ヶ月目です。
今も私の生活にはなくてはならない大切なリュックとなりました。

あなたにとってお気に入りのリュックやmarimekkoのBuddyリュックを、
お迎えしてみてはいかがでしょうか〜?

 

shiro

ABOUT ME
shiro12345
shiro12345
好きなことは、おいしいおやつやごはんを食べている時、自分が好きと感じる場所で時間を過ごすこと。ご当地に行くと美味しいものや風景の写真を撮ります!関西在住のshiroは、大阪・神戸・京都を中心に東京をメインにおやつ・食事・おすすめのおでかけスポット情報を随時更新!